日記 過去の日記 CB時代の日記


2006年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
2006/02/19 (日)  トリノ!!
2006/02/16 (木)  寝なきゃいいのに。
2006/02/13 (月)  ゆっくり。
2006/02/11 (土)  新国立劇場演劇研修所。
2006/02/06 (月)  御来場ありがとうございました。
2006/02/04 (土)  いよいよラスト2!!
2006/02/03 (金)  3日目。
2006/02/02 (木)  2日目。
2006/02/01 (水)  いよいよ初日だよーーーー!!!


2006.02.19 (日)  トリノ!!
いよいよ明日トリノに出発します!!
女子フィギアのショートプログラムを見て、イタリア観光をして、帰って来るのが3月1日です。

お土産話をお楽しみに!!!グラッチェーーーー!!
一番上に戻る

 
 
2006.02.16 (木)  寝なきゃいいのに。
寝るっていうシステム(システムとは言わないわな)なんか無きゃいいのに。寝ないで済めばもっともっと楽しくなるのに。楽しいことをたくさん企画して、みんなを喜ばせることが出来るのに。眠くなると、機能が低下するのが本当に許せない。

う?

24時間でまかなえないくらいのことをしてたら、こんな愚痴にもなろうものだけど、大したこともしてないような気もするし。

佐藤は忘れっぽいからダメなんだ。日記に書こうと思ったことを忘れちゃうの。パソコンの前でパパっと書けないんだよねえ。困ったチャンだ。

ふーー。今4:25です。男子フィギアをしてるよ。月曜日にはトリノに入ります。荒川静香ーーーーん。ふふふーーーーん。

なんか支離滅裂だな。まあいい。今日もいい仕事をしたのだ。ふはーーーん。
一番上に戻る

 
 
2006.02.13 (月)  ゆっくり。
パソコンに向かっている時間がない!!
今日は、R25の古田のインタビュー記事を見て大事なことに気が付いたというか、思い出したというか。

とにかく、今度ちゃんと書きます。

明日は、チラシの撮影です。オッカーさんも一緒です。いひ!!
一番上に戻る

 
 
2006.02.11 (土)  新国立劇場演劇研修所。
こんなものがあるって知ってた?

どうも国が役者を育てているようなのだ。実は今日、その第2期生の選考会を見る機会があって覗いて来たんだけどね。

面白いから募集要項を見てみると

「3年間、週5日のフルタイム(午前10時から午後6時)のレッスンで、近い将来、日本の舞台芸術を支え、リードする俳優を育てることを主なる目的とします。そのために一年次は特に、ヴォイス、ムーブメント、歌唱、ボディワークなど基礎的な俳優訓練に力を入れ、国内外から現役で活躍している第一線の俳優指導の専門家を招きレッスンを行います。その上で、第一線で活躍する演出家や芸術家による、日本の伝統芸能などを含む声と身体の基礎トレーニング、即興やメソッドなどの演技テクニック、テキスト分析と解釈、シーンスタディーなど年次を追って加え、演技実習につなげていきます。なお三年次はそれまでの研修に基づいた研修発表公演を中心に行います。また、演劇とは、俳優とは、演技とはといった演劇の本質を絶えず自ら考えられる俳優を育てるために、演劇史や芸術理論、劇作家や舞台技術者のレクチャーなど座学も盛り込んだシステマティックな授業を行います。」

うーーーーん、スゲーな。しかも、この子達は国から奨学金をもらってお芝居の勉強をしているのだ。

しかーーーーし、この研修内容の気合とは裏腹に、受けに来る役者も、1年間勉強してきたお手伝いに来ていた第一期生も、いまいちパッとしないのだ。いい子ちゃん達ばかりで気持ち悪いのだ。優等生を絵で書いたような、そんな俳優達に思えた。少なくとも日本の舞台芸術をリードしていきそうなタイプには思えなかったなあ。上品で、気取っててねえ。面白いことをしそうな人がいないんだもん。こんな俳優に日本の舞台は任せられないなって俺は思う。

「国内外から現役で活躍している第一線の俳優指導の専門家を招きレッスンを行います。」かーーーーー。日常が一番いい訓練になるのになあ。どうせなら、新国立劇場演劇研修所独自の、日本人らしいノウハウを構築して、俳優になるには絶対にここ!!っていうくらいの組織になって欲しいもんだよなあ。

まあまあ、ようするに、こんな組織があるということを知って欲しいと思って書き始めたのに、こんな話になっちゃったと。

いつもの佐藤節だと思って聞き流しておくれよね。 h
一番上に戻る

 
 
2006.02.06 (月)  御来場ありがとうございました。
昨日、無事に花歌マジックトラベラープロデュース「森はマダ生きている〜12人の怒れる精霊達〜」の千秋楽を迎えることができました。見に来てくださったお客様、お世話になったスタッフ、素敵な共演者のみんなに本当に感謝しています。

初めての下北沢だったのですが、これが小劇場なんだよなあって実感しながら芝居をしていたように思います。また実力をつけて立ちたい場所だと思いました。誘ってくれた窪田あつこさん、ノーーーーーーーーー、あっちゃんありがとう。また面白いことやりましょう。とりあえず、レバ刺し会はやりまようね。

さーー、次は5月のデラックス公演です!!!
一番上に戻る

 
 
2006.02.04 (土)  いよいよラスト2!!
あっという間の一ヶ月、稽古が始まったのが、1月4日だからねえ。いやーーーー、本当によく飲みました。その何十倍も芝居の話をしました。

本当にお客様の公演だっ笑い声に救われ公演だったと思います。結果は皆さんが確かめていただいた通りです。にひょ!

さあ、お時間のある人は是非バーズ後の佐藤さんを見てやってください。もちろん、見なくても何の損もありませんが、もう二度とないような役かもしれないよね。ふふふーーん。

明日ももちろん朝までコースです。下北で見かけたら、キャップーーーーー!!って声をかけてください。よろしく!!!
一番上に戻る

 
 
2006.02.03 (金)  3日目。
今日は少年社中の森が見に来てくれたなあ。森は去年花歌に出たんだよね。

終演後の居酒屋では、ヘロQの中村さんと、広瀬大輔さんと出会い、その中で窪あつさんが吠えまくっている姿に、この人たちは本当に役者なんだなあと、野球畑の佐藤は嫉妬したりなんかして、下北沢で酒を飲んでるなあなんて、その場の人間とはまた違った感想を持ったりしてね。そこには臼井さんも、加藤さんもいるんだけど、芝居ばかりをしてきた人なんだなあって感動するもんね。そんな中当麻りんちゃんだけはちょっと近い匂いがしてたりしてね。俺はそこにはいなかったかもしれないけど、違う人生を精一杯生きてきたんだと、勝手に対抗意識燃やしてたりして、バカみたい。

お芝居の世界はやればやるほど広がっています。
一番上に戻る

 
 
2006.02.02 (木)  2日目。
さーーーーーーーーーーーー、残すところ後3日5ステージ。

連日佐藤の役者仲間が見に来てくれます。去年の印度で一緒だった飯田はん、ゴリさん、バンバンバンのこんどうコンリー、バーズで一緒だったキャラメル同期青さん、そしてオッシー、ヘアメイクの清水さん、衣装の佐久間さん。そして清水は土曜日です。明日は誰が来るんじゃろ。俺は毎日幸せです。楽しい楽しい言って皆が帰っていくのを見ていると、行くぜーーーー!!っていう気持ちになります。

もしお時間があれば下北に寄ってみても面白いですよ。いつでも僕らは心よりお迎えいたします。残り3日です。よろしくお願いします。
一番上に戻る

 
 
2006.02.01 (水)  いよいよ初日だよーーーー!!!
俺はただただ精一杯やるのみです。以上!!

感想お待ちいたしております。

topの写真も変わりました。もの凄い素敵な写真だったので、大至急topページにしちゃいました。写真をクリックして佐藤の叔父「善さん」のHP:善介の『月山讃歌』に遊びに行ってみてください。雪山写真満載です。定年後に自分でHPを作り、今までの山の写真をコメントつきで大掲載しています。歴史の凄さが分かります。あわせて感想お待ちいたしております。
一番上に戻る

 
 

日々日記 by Small Ocean