佐藤仁志の「仁志楼」日記 過去の日記 CB時代の日記


2007年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
2007/02/26 (月)  IKKANさん。
2007/02/25 (日)  居場所。
2007/02/21 (水)  オレンジ色ノニクイヤツ。
2007/02/18 (日)  東京マラソン。
2007/02/16 (金)  和田アキコ殺人事件。
2007/02/13 (火)  稽古の締めは。
2007/02/12 (月)  稽古。
2007/02/08 (木)  今更DJ OZUMA問題。
2007/02/07 (水)  久々に!!!
2007/02/05 (月)  ヒデbyあいのり。
2007/02/02 (金)  マナー。


2007.02.26 (月)  IKKANさん。
今回「BLUE」に出演してくださる、オフィス★怪人社のIKKANさん。はじめましての大先輩です。IKKANさんのブログで佐藤をキャプテンとして紹介してくれています。チラシを見て「キャプテン?」って思ったらしいのですが、稽古場で「なるほどキャプテンだ」と思ってくださったようです。嬉しかったです。凄く嬉しかったです。ブログを見て今泣いちゃいました。

明日、IKKANさんにお礼を言います。

IKKANさんのブログ「IKKAN王子の怪人ブログ」の2月24日をどうぞ。
一番上に戻る

 
 
2007.02.25 (日)  居場所。
自分はどこにいたくて、どこに行きたくて、誰といっしょにいたいのか。

そういうのって、いつ決まるんでしょうね。分かるのでしょうね。今の佐藤は、そこが知りたくて日々悩み、考え続けているような気がします。芝居をしているのも、きっと何かが知りたいからだし、俺はここにいるということを主張したいからなんだと思います。

居場所。

人はどうだか知りませんが、そんな風に突き放してもしょうがないのですが、少なくとも佐藤は、居場所を求めて彷徨っています。安住の地を求めて。それは、場所なのか、人なのか、人が辿り着ける場所なのか。なんにも分かりません。永遠の旅になるかもしれないし。明日決まるのかもしれないし。だからこそ、迷わないように、頭を上げて、目線を上げて、その先を見つめ続けたいと思います。過去はどうにもならないけれど、未来は自由にイメージ出来るのだから。
一番上に戻る

 
 
2007.02.21 (水)  オレンジ色ノニクイヤツ。
1999年に購入したiMac。もう手放せない。佐藤はパソコンマニアとは全くもって違うんだけど、マックとウィンドウズを持っていて、どっちもなんだかんだ使っちゃっているのですが、この、1999年キャラメルに入った年に買ったiMacはもう愛着湧き過ぎて、どうにもならないね。

正直、壊れたら部品は無いようで「壊れないで!!!」っていつも使うたびに思うの。なのにね。現在、CDが読み込めないという重大な故障中なのです。Appleに問い合わせたら「もう直せないですねえ。初期化してみたらどうでしょう。」とね。おいおいおい。初期化しようにも、CD読み込めねーーよ!!ってね。結構ピンチ君ですよ。マジで。

そんな時に!!ありましたよ!!中古の外付けCD-R/Wが!!!近所のハード・オフに別件でBSチューナー買いに行ったんだけど、「そういえば」ってな感じでパソコン周辺機器のコーナーも覗いて見たらね。いたのーーーーーー。BSチューナーはなかったんだけど、古ーーーーいCD-R/Wがあったのよーーー!!!しかも1000円!!!安っ!!新宿で聞いたら「もう無いですね」って即答されてがっかりしてた時だったから、もうビックリでね。ありがとう神様。

早速家に帰って「あーーーー新しいフォントでも入れちゃおっかなーーー」みたいな感じでね、箱を開けたよ。そうしたらいましたよ、ちょっと大きめなドライブが、そこに鎮座してましたよ。早速接続だね。…。あれ?おーーーーーーーい!!!ねーよ!!!ACのコードが入ってねーーーじゃんよ。入ってねーーーーーーーーんだよーーーーー。動かねーーよ。あーーーーー!!!!それでも繋げちゃうんだね。動くかも知れないという淡い期待を捨てきれないんだよね。USBだけ繋いでみちゃうんだよね。行け!!!…。微動だにせずです。冷たいままでした。

というわけで、佐藤のiMac復活計画はまだまだ続くわけです。あとは、コードなのです。で、最初に戻ると、佐藤は全くもってパソコンマニアではないから、専門的な、しかも、コードを探そうと思ったら、どうしていいか分からないんだよ。だけどね、くやしがりの佐藤さんは、きっと秋葉原にチャレンジするんだよ。中古のドライブを持って秋葉原を彷徨って、コードを探すんだよ。

新しい世界に佐藤を導いてくれるオレンジのiMac。さすがMacだね。お待たせのお気に入りNO.12に認定です!!
一番上に戻る

 
 
2007.02.18 (日)  東京マラソン。
あーーーーーーーーー、参加したかった。
こういうイベントには参加すべし!!という誓いにいきなり乗り損ねた気持ちです。でも、お稽古があるし。そりゃ無理な時は無理なのですよね。

30000人の完全参加の一大イベントですよね。お手伝いの人を含めたら、凄い数の人が参加していたんだろうなあ。毎年楽しみにしたいイベントです。いつか参加したい。東京を盛り上げたい。活気ある町にしたい。そんな未来にしたいと本気で思います。

でも、今佐藤はなかなかに大変なところにいます。

でも、っていう話になっていないですが。そんな感じです。

ただひたすらに走っていたいだけなの。闇雲に走りたいだけなの。
一番上に戻る

 
 
2007.02.16 (金)  和田アキコ殺人事件。
見た?これってどっかで話題になってる?

今週の月曜日に放送していたよね。たくさんのホリプロのタレントさんが出ていたけど。正直に言うとね。あちゃーーーーーー。って感じだったよ。かなりやばいよね。こんなものを放送していいのかって思った。TBSを疑うよ。朝ズバとかのみのもんたの世相切りも聞いちゃいけない気になるしね。

ほとんど問題だらけだったけど、最大の問題は、アッコさんを殺したみのもんたの殺人の動機がね、「日曜日にも生放送をしたかったんだよ」っていうことなんだって。おいおいおーーーーーーい、そんなことで人を殺してしまうのーーーーーーー!!!!そんなことを思っている人が(実際には思っているわけないんだろうけどさ)、朝っぱらから事件を切っちゃまずいよね。佐藤はもう「みの」を見ても、へーーーーーーっとしか見ないだろうね。そんな風に思っちゃうったよ。同情の余地もないよ。殺される理由もどうなのよ。アッコさんに殺意を持っている芸能人はたくさんいるんだって。殺意を持つ芸能人。このキーワードもどうだろ。夢無し。子供が憧れる世界としてありえない。おいおいおい。ゴールデンで放送していい内容なのか?芸能界は和田アキコを中心に成り立っているという内容も含め、一応、芸能の世界にいる佐藤としては、やるせなくて、情けなくて、しょんぼりな内容でした。

うーーーーーーーん。どうなんだろ。

がっかり大賞決定です。

一番上に戻る

 
 
2007.02.13 (火)  稽古の締めは。
今回ももちろん飲みの毎日なのですが、なんかいつもと違うのです。佐藤は、飲んで芝居の話が楽しいのかとばかり思っていたのですが、そうでもないのです。今日なんか。一つも芝居の話をしなかった。

恋の話でしょ。ラーメンの話でしょ。以上。これだけで、凄い盛り上ってねえ。帰りは、小椋さんと一緒だったんだけど、海外旅行の話して凄く楽しかったのよ。

普通の話も楽しいものよね。

そんな当たり前のことに気が付いた飲みだったのです。幸せです。このいい意味での、ポワポワした感じが伝わればいいなあって思っています。どんな芝居になるんでしょうねーーーーー!!!!

お楽しみに。
一番上に戻る

 
 
2007.02.12 (月)  稽古。
あまりにも素過ぎてどうしていいか分からない図。稽古が始まって、一週間経ちました。それなのに、この日記には稽古のことが何も書いてないのよね。ふふふふふーーーーん。

あのねえ、なんて言うんだろう、初めましての人ばかりなのに、そういう雰囲気じゃないんだよねえ。大人な感じというか、プロの集まりというか、イエーーーーーイっていう感じで稽古が進行している感じじゃないから、なんとなく稽古のことよりも、日常のことを書きたくなってしまうんだと思う。あまりにも当たり前に芝居に取り組む方たちばかりで、業界違いの人達ばかりなのに、芝居という言語でちゃんとその場の空気が出来ているんだよねえ。それはなんだかいい感じです。キャプテンが出る幕なしという感じです。実に幸せです。

着実に稽古して皆さんの前にお届けしたいと思っています。今週末に通し予定です。ふはははははーーーーーーん。
一番上に戻る

 
 
2007.02.08 (木)  今更DJ OZUMA問題。
本人は、表現の自由とか言っているけど、ディレクターも知っていたはずでしょ、とか言っちゃっているけど、日本の公共放送に乗せていいものかどうかを判断する脳みそは欲しいということだろうか。世界中に発信しているNHKの電波に乗せてはいけなかったということだよね。日本の程度の低さを世界に発信してしまったわけだよ。大晦日、紅白を放送している公共放送局が世界中にあるわけで、放送をやめてしまったところもあるらしい。同じようなことが、去年のNFLスーパーボウルのジャネット・ジャクソンのおっぱい問題で語られているはずだし、どう考えても、最低でも、NHKでやってはいけないことだったわけですよ。DJ OZUMAの責任は重大なことだよ。やばいね。ものを作る人間はしばりについてちゃんと考えるべきだよ。

表現とは制約の中でいかに伝えきるかだと思います。なんでもありでない世界で、それでも自由に表現できる人が、真の表現者なのだと思う。

同じ表現者として気を付けなければいけないことを勉強させてもらいましたね。
一番上に戻る

 
 
2007.02.07 (水)  久々に!!!
稽古二日目にしていきなりお休みの今日です。もちろんいろいろ積極的に動きまくる佐藤さんは、プロフィール写真の撮影と、畑中の芝居を見てきました。モリエールで11日までやっている「デンキ島」。面白いから見にいくといいね。チケット少ないらしいよ。迷っている人はゴーです。終演後は、キャラメルの先輩坂口さんと飲んじゃった。ずっと飲みたかったの。芝居の話を聞きたかったの。いひ!!たくさん喋っちゃったよ。嬉しかったなあ。ままま、それ以外にも、デラックスの雑務をたくさんこなしちゃったしね。いひ!!全部芝居のためだね。最高!!

さて、というわけで何が久々かと言うとね、My favoriteのコーナーに久しぶりに一品増えてしまうのですよ。実は昨年、一つも増えなかったんだけど、回りを見渡せば、お宝がかなり増えていて自分でもビックリ。更新せなアカンなということで、これからちょくちょく追加していきますので、佐藤のお気に入りをチェックしてみてください。

丸太んぼスピーカーこれは、デラックスの稽古場日誌でも紹介しましたが、拾ってきた丸太んぼにスピーカーを埋め込んだ、世界に二つとないお手製の、その名も「丸太んぼスピーカー」。それまではペラペラのプラスチックの覆いに包まれていて、なんかシャバシャバした音を出していたんだけど、なんだか、格段に音質が良くなってしまった。気のせいかもなあ。なんて思えるけれども、そう!なんとも嬉しい限りのスピーカーなのだ。しかも、そこはかとなくエコロジーをも感じさせてくれる。イコーーール、癒しに直結しているアイテムであることは間違いなく、うん、間違いないのじゃ。設置のポジションとして、ノートパソコンの向こうに左右対称にちらりと見えているその佇まいが、佐藤のパソコンライフを快適に演出してくれるのです。一個作ってその手間さ加減に気が狂いそうだったのですが、ドリルの上手な使い方を発見してから、二つ目の作業がはかどるはかどるで、佐藤のクラフト技術さえ高めてくれた、この作品。間違いなく、佐藤のお気に入りグッズに認定です。しかも15番。えーーーー!!!順番だと10番じゃないの?ふふ、その間をどんなものが埋めていくのか、楽しみだね。そうだね。ふふふふーーーーん。

「丸太んぼスピーカー」My Favorite #15に認定です。
一番上に戻る

 
 
2007.02.05 (月)  ヒデbyあいのり。
ヒデがかよに告白したよ。
遂に、完結したなーーーっていう気持ちです。分からない人には何も分からないでしょうが、ヒデはヒデなのですよ。あいのり日誌ファイナルな訳ですよ。あーーー。

好きな人と一緒になるには時間がかかるものなのかしらねえ。なんせ周りには人が多過ぎますから。恋。恋。恋。

うーーーーん。佐藤には甘酸っぱ過ぎる響きです。恋。

そして明日から稽古が始まります。気合です。よろしく!
一番上に戻る

 
 
2007.02.02 (金)  マナー。
お年寄りが目の前に立っているのに、優先席に座って携帯でテレビを堂々と見ている20代のサラリーマン。電車の中で電話をし続ける女子大生。電車の中でヘッドフォンから音漏れまくりで音楽を聴くお兄ちゃん。こんな人種を見ると、心が苦しくなる。どうしてこうなるのだろう?そんな時思う。

マナーって何だろう?

時間を守るとか、お年寄りに席を譲るとか。当たり前のマナーってあるでしょ。それをする・しないって何だろう?って。別にしないからって罪になるわけじゃないし、お年寄りに席を譲る人は普通に譲るけど、譲らない人間に「お前譲れよ!」っていう話じゃないしね。

でもさあ。例えば携帯。電車の中では通話は御遠慮くださいと。別にいいじゃんって思っちゃったらどうでもいいマナーだよね。優先席の付近では電源をお切りください。っていうのも、切らなくても。っていう気がするよね。

そこで、マナーって何?っていうことになるわけよ。

佐藤は思う。当たり前のことを当たり前にするのがマナー。自分の意志でルールを守ろうとやり切るのがマナー。別に法律に触れるわけではないけれど、誰に言われるまでもなく守ろうとする意思がマナー。

マナーの無い人って嫌でしょ。マナーのある人っていいでしょ。人の目を意識すればするほどマナーを守ろうとすると思うんだけど、今の人は、まるっきり出鱈目のマナー違反をしている人を気にしないようにできているようだ。ヘッドホンから漏れている音がうるさいとも思わないのだ。電車の中で電話をし続ける女をなんとも思わないのだ。「うるさいよ」って注意した人がいても「そうよね」って目線を送ってくる人もいないのだ。

マナーを守らない人は最低だけど、マナーを守らない人を気にしない人も、ある意味マナーを守らない人なんじゃゃないかと思う。だってマナーっていうのは、他人との関わりの上に、成立する大人の約束事なはずなんだから。「あなた大人でしょ?」っていう嫌悪感は出すべきだし。声をかけていくべきなんだと思う。

そこには、人のことを気にしないという教育があるのだろうか?違う。もっともっと人の目を気にして、自分を戒めるべきなんだ。誰も見てないよっていう人間が増えすぎているし、人のことを見ている人も少ない。そこが悲しい。そして、怖い。

誰も自分のことを見ていないと思って悪いことをする人間と、悪いことをしている人を見ていない人。

もっと、普通にマナーくらい守る人が増えれば、日本も変わってくるんじゃなかろうか。そして、佐藤は今日も電車のなかで、声をかけまくる。

「音うるさいですよ。」「電話はやめなよ。」

めげすに頑張るのだ。
一番上に戻る

 
 

日々日記 by Small Ocean