日記 過去の日記 CB時代の日記


2007年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2007/05/31 (木)  大事なこと。
2007/05/30 (水)  IKKANさん。
2007/05/28 (月)  横山秀夫「クライマーズ・ハイ」。
2007/05/27 (日)  囲女。
2007/05/25 (金)  大笑いした!!!
2007/05/24 (木)  軍鶏307。
2007/05/21 (月)  イツノヒカキミカエル。
2007/05/19 (土)  もう笑うしかない。
2007/05/17 (木)  ミラクル!!
2007/05/16 (水)  100日目。
2007/05/15 (火)  思考。
2007/05/13 (日)  イルマーレ。
2007/05/11 (金)  お気に入りNo21!!
2007/05/10 (木)  サーバー変更!!
2007/05/06 (日)  GW最終日。
2007/05/04 (金)  サヨナラ!!そして、高橋知秀ワンマンライブ!!
2007/05/02 (水)  まだまだ韓流。
2007/05/01 (火)  恋愛小説。


2007.05.31 (木)  大事なこと。
意外と、大事なことを見失いがちな男かもしれないんですよ。
どれも大事だから自分のことを後回しにしてしまうということかもしれないし。逆に言うと大事なものがないのか?目の前にあるものを大事にしようと常に思いすぎてしまうのかもしれない。だからそれまで大事にしていたものや、ことを忘れてしまうというか。

昔大事にしていたものを今も大事にしていて、それは今大事にしていてはいけないものかもしれない。ここにも頑固さの影響が出ているのかもしれない。

今大事なことはなんなのか。ちゃんと見極めないと、きっと後悔する。そんなことにやっと目が行くようになった。

頑張ります。
一番上に戻る

 
 
2007.05.30 (水)  IKKANさん。
昨日、IKKANさんのネットテレビの収録がありまして、中野でまたしても勉強会です。長沢さん、岩崎宇内さんと怪人社のスタッフさん飛鳥ちゃんと5人です。

その結果、今週2度目の、IKKANさん宅お泊とまりということになりました。今日なんか、ちょい飲みでって言って飲み始めたんですけど、どうにもならないですね。話したい話がたくさんあるんですねえ。みんな一生懸命話をしてくれるので、佐藤も一生懸命聞いてしまいます。ありがたいことです。すでに家には帰れないので、IKKANさんおおうちに行くのですが、そこでもまた、話が尽きないと。

藤原紀香と陣内智則の披露宴を見て、幸せっていいなあって思っちゃった。いい男になろう。
一番上に戻る

 
 
2007.05.28 (月)  横山秀夫「クライマーズ・ハイ」。
この本はヤバイ。
今の俺に欲しい何かがてんこ盛り過ぎて、どう読んでいいやら分からなくなる。考え込んでいたものの一つの答えがそこにあったり、そうと思っていないことへ答えをくれるセリフがあったり。もう、やられっ放しでしたよ。俺は作家にもなりたいんだと認識したよ。

とにかく出会いとはもの凄いエネルギーなんだと認識しました。
一番上に戻る

 
 
2007.05.27 (日)  囲女。
斉藤麻英子さんのお芝居を見てきました。
女二人だけの二人芝居。戦っていたのだと思う。もがいてもがいて、自分を登ろうとしていたのが痛々しいほどに分かった。俺はあそこまでやれているのかという、自問自答の繰り返しだった。

そして、その後はIKKANさんと長沢さんとでの勉強会。佐藤の焼きうどんを披露して、好評を頂き、もちろんの御満悦で。飲んで飲んで、笑って。「でもそんなの関係ねえ!!」のDVDを見て。またしても大笑いして。佐藤の爆裂トークも炸裂で、笑っていただいて、更に御満悦ーーーーーー!!!!!みたいなね。あほか!!!

っつーーかーーー、またしても朝までコースで御満悦ーーーー!!!!!みたいなあ。てへ!!
一番上に戻る

 
 
2007.05.25 (金)  大笑いした!!!
ぐるナイ見てたんだけど、「おもしろ荘」っていうコーナーで、名前を見逃しちゃったんだけど、海パン一丁で「そんなの関係ねぇ!」って絶叫してるピン芸人。めちゃめちゃ下らないんだけど、佐藤そういうの大好き。久しぶりに大笑いしたのーーーーー!!!!!
1人でガハガハ笑って気持ち悪いよね。でも気持ちよかったにーーー。
一番上に戻る

 
 
2007.05.24 (木)  軍鶏307。
劇団桟敷童子のお芝居を見てきました。

30-DELUX「MAYA-K」に出演してくれた板垣桃子さんの所属する劇団の舞台。昭和初期のお話。佐藤の好きな時代ですねえ。戦争が絡むと、世界観に説得力がなくなっちゃうことも多々あると思うんだけど、最初のシーンで、上手く狂った時代を伝えてたなあ。基準がはっきりしたというか。作りが素晴らしい。
そして、いつも、えーーーーー!!この空間にこんなことしてくれちゃうのーーーー!!!!と度肝を抜かれてばかりなんだけど、今回も凄かった。佐藤もああいう空間で生きてみたいなあって思ったよーーー!!!
お芝居も熱いしね。みんなが求める熱の質が似ているのね。それが心地いいのよねえ。劇団だからこそ出せるカラーだと思います。

日曜日まで錦糸町の墨田パークスタジオ内の特設舞台でやっています。興味のある方は是非!!

一番上に戻る

 
 
2007.05.21 (月)  イツノヒカキミカエル。
「何日君再来」。日生劇場見てきました。感動です。凄かった。メッセージが伝わりまくって、佐藤という人間が変わってしまうと思えるほどの影響を受け上げた。今のタイミングでこの作品に出会えたことは奇跡だと思える。神様ありがとう。

そして、黒木メイサさん。お若いのに。凄い。華ありまくり。脱帽。佐藤はどう戦えばいいんだろう。でも、見れたんだから、知っちゃったんだから、越えようと努力すればいいのだよ。動き、セリフ、スタイル、気持ち、全部が詰まっていた。空洞な部分がなくて、全部が詰まっていた。痛々しいくらいに、想いが詰まっていた。それは、出演者全てに言えることだった。もちろん、筧利夫さんの凄さは改めて感じたが、改めてというか、本当に熱に溢れたお人なのですね。想いが伝わって伝わって。溢れ出していて。熱かったなあ。失神しそうでした。素敵な役者さんたちが勢ぞろいでした。

テレサ・テンのCDを買いに行こうと思います。曲がかかるたびに涙が出たよ。歌って本当に素敵ですね。愛があるのね。
一番上に戻る

 
 
2007.05.19 (土)  もう笑うしかない。
だって、なんにも伝わらないんだもの。ははははははーーーー!!!!

表現者にとって、何も伝わらないという状況は、生きながら死んでいるに等しい。どちらかというと、意図してない方に伝わるようだ。それで朝まで話をして、徹夜でそのまま仕事に行く。こんなの、ホントあり得ない。

表現法を見つめ直すべき時が来たかな。表現法というか、感受法というか、着眼点というか、うん。きっとそうなんだ。間違いない。

まず大事なのは、受け入れられることではなく、自信を持って発信しているのか!という説得力なんだねえ。

こんなもの一朝一夕には変化できへんのやろうけど、伝えられる人になりたいねえ。
一番上に戻る

 
 
2007.05.17 (木)  ミラクル!!
些細なミラクルのお話。

普段、あまり家でお菓子を食べることのない佐藤。
そのくせ、甘いものは大好きな佐藤。
そんな佐藤が、ビールのつまみを探していて、たまたま見つけたナボナ。チョコレート味。
その。
賞味期限が。
今日でした。

OH!! IT'S MIRACLE!!!!!

ナボナが救われたぜ!!イエイ!!!
一番上に戻る

 
 
2007.05.16 (水)  100日目。
今日は100日目なんです。
学生服を着て、教室にバラを一輪届ける日なのです。

記念日なんだよ。俺的にはな。ふは!

でね、iPodのリセットの方法を伝授しよう。

 1.“ホールドスイッチ (HOLD)”をいったんオンにして、またオフにする
 2.「メニュー (Menu)」と真ん中の「セレクト (Select)」ボタンを同時に約10秒間押す。

すると、Appleマークが表示され、iPodが復帰するのです。おーーーーーー!!!!!!!!!記念日!!!

一番上に戻る

 
 
2007.05.15 (火)  思考。
毎日のように、俺は何だ?って考えている俺がいる。
考えたくもないのに、頭が勝手に思考している。
思考しては落ち込んで、思考しては意欲が湧いて。
正直疲れる。
こんな時はどうしたらいいんだろう?
そう、こんな風にまたしても思考が始まる。
どうせ思考するなら、役について思考していたいと思う。
芝居がしたいんだと思う。
思考が止まらない。
地獄の悪循環だ。
無限地獄だ。
抜け出すには考えて考えて答えを出すしかないのか?
という思考がまた始まった。
脳みそは休む時があるのだろうか?
なんだか寝ながらも考えているような気がする。
ちょっと止まりたい。
でも、時間だけは過ぎていく。
だから、山に行きたくなるのかもしれない。
山は時間の流れが遅く感じるから。
少しでもゆっくり思考できるように、山に行くのかもしれない。
それでも思考することからは逃れられないのだ。
人間は考える葦であるとはよく言ったものだ。
思考するから人間なんだ。
と、自分を肯定する。
でも俺は自分を肯定していない。
そこの間にまた思考が生まれる。
出口はどこだろう。
すぐそこにあるような気はするのに、全く遠くにも感じる。
もう、考えるのはやめよう。
考えてもどうにもならないなら考えないにこしたことはない。
それでも時間は流れているのだ。
だから時間が解決してくれるのだ。
時間とは偉大だね。
勝手に人を先に進めてくれる。
時に身を任せて、ゆっくりと進んで行きたい。
そんなことを思う5月の夜。
一番上に戻る

 
 
2007.05.13 (日)  イルマーレ。
「イルマーレ」。これまた韓流DVD借りちゃったよーーーー!!!!面白いのねえ。些細なアイデアがもの凄い感動を呼ぶのよねえ。なんで?何?何が違うというの?そういえば、登場人物も少なかったなあ。舞台にしやすいかもね。そんな風に思った。

あーーーーーー、どっぷりの恋愛物やりたいなあ。
一番上に戻る

 
 
2007.05.11 (金)  お気に入りNo21!!
アスキーのジョイスティック。サーバーが変わって気分も新たに、お気に入りを増やしてみようかなあ!

最近、ニンテンドーDSとか、PSPとか、ゲームの種類も性能も大変なことになっていますが、佐藤の好きなゲームは、「グラディウス」なんです。横スクロールの、2Dの世界のゲームです。それを、この、ジョイスティックでやるっていうのが凄く好きです。

古いよーーー、このアスキーのジョイスティックは。家にいながらにして、ゲームセンター気分になれるというのは、これは、ちょっとした贅沢なんだと思うのですよ。正直、ゲームセンターとかほとんど行かないんですけどね。だからこそかな、贅沢な気持ちになるのです。

結婚した弟の部屋で見つけたアスキーのジョイスティック。お気に入りの21番手に認定です!!!
一番上に戻る

 
 
2007.05.10 (木)  サーバー変更!!
いやーーーー、自分専用のドメインを持つというのはなんとはなしに、嬉しいものですね。むふふ。

佐藤のHPは今後、www.hitoshiro.comになりますので、よろしくお願いします。
一番上に戻る

 
 
2007.05.06 (日)  GW最終日。
雨です。雨好きです。今日は長靴を履いて、お墓参りに行ってきました。

芸事をやっているものとして、こんなにも暇なGWを過ごしていていいものかと思うのですが、いいじゃないのよ。っていうか、はやくネット繋がらないかなあ。

で、そういえば、どのくらいこの日記は続いているのかしらと思って見てみたら、2001年6月からってさあ。7年ですよ。生まれた子供も小学校ですよ。佐藤さん35歳ですよ。29歳から書いているんだね。20代でした。俺。

さ、明日からまた普通の生活が始まりますね。頑張ってゆっくり生きられるように訓練していきたいと思います。
一番上に戻る

 
 
2007.05.04 (金)  サヨナラ!!そして、高橋知秀ワンマンライブ!!
晴天の5月4日GW待っただ中。多摩川のグランドで、大田区の春季大会2回戦でした。試合は先発の佐藤が打たれて、ミスって点獲られて、もう、気合が空回りな感じで。2点差で最終回を迎えてしまって。

その時佐藤は、なんであんなに打たれたんだろうとか、何でミスをしたんだろうとか、高橋君のライブに遅刻しそうで、気持ちが急いていたなあとか、そんな、今、この瞬間に全く関係ないことばかりを考えている自分に気が付いて、ビックリしちゃったんです。俺はなにをしているんだと。みんなは逆転を考えて攻撃のことしか考えてないのに、俺は自分の事ばかりを考えていると。アホです。俺はアホでした!!

これじゃだめだ、これじゃこの後の高橋君のライブにも顔出せない、そんなんじゃない、勝つ気持ちが足りないんだ、絶対に勝つ、集中だ、邪念を捨てろ、そうだ、邪念を捨てろ、勝って皆に会え、男だろ、集中しろ、男見せろ、逆転すればいいんだ、勝つ…

いろんなことを言い聞かせて、集中して。そう、気合を入れなおして最後の攻撃に挑みました。

さあ、2点差の最終回。トップバッター手塚が出て、次が佐藤です。それまで、2打数2三振。全くだめで。でも、打てそうな気はしていて。集中集中。盗塁でランナー2塁。強いあたり、強いあたり。まだぶつぶつ言っています。そして、1球ファールのあと、2−2からのまっすぐを会心のセンター前ーー!!!1点差に詰め寄るタイムリーヒット!!久しぶりの綺麗な当たりでねえ。そのあとすかさず、2塁に盗塁。ノーアウト2塁1点差。バッター3番河本さん。思いっきり振った球は3塁へのボテボテのゴロ。すかさず佐藤は3塁にゴー。そして、その時、3塁手が1塁に暴投!!テイクワンベース!!佐藤は一気に生還!!!同点ーーーーー!!!!!そしてまだまだ同点でノーアウト2塁!!サヨナラのチャンスは続く!!!そしてバッターは4番毛利さん。来た、来た!!!行け行けじゃーーー!!!そして、出ました、会心のセンター前ーーー!!!!!河本さんがサヨナラのホームを踏んでゲームセット!!!見事に2回戦突破です!!!嬉しかったなあ。本当に素敵なゲームでした。野球は1人でやるものじゃないと、改めて感じたのでした。

さあ、気持ちよーーーーく高橋君のライブ開場へ、新横浜のベルズ。開演ギリギリに入れました。ブルーに提供してくれた曲も聴けたし、高橋君のトークに突っ込みも入れたし、ビール5本も飲んでるし。しかも3時間半もやりやがって、スゲーぞ高橋知秀は。打ち上げにも参加して、ブルーのメンバーも来てたんだけど、なんとなく野球の話で盛り上ってもだれも興味ねえわなみたいな。そんな状況でもあったりなんだりで、佐藤は、1人ご機嫌で飲んでいるし、皆は音楽の話とか、あまり覚えてないんだけど、している感じで。なんかポワポワしちゃって、御満悦でした。また行くんだーーーー。

本当に楽しい楽しい一日でしたとさ。
一番上に戻る

 
 
2007.05.02 (水)  まだまだ韓流。
こないださあ、「SAD MOVIE」見ちゃったら凄くてね。泣いたなあ。声出して泣いちゃったよ。おいおい泣いてやんの。その現実に大笑いしたね。

でさ、ついでに韓流の見てなかったものを借りてきて、見倒した。おう、佐藤のGWは韓流映画でいい感じ。

まず、「連理の枝」。
冬ソナ以来チェ・ジウが好きで、久しぶりにチェ・ジウを見たよ。意味なくねちっこいシーンがあってむかついたけど、面白かったです。最高です。

次は「猟奇的な彼女」。
やっと見れたなあ。よく出来てる。それがいい。面白シーンをちゃんと作ってくれるから楽しく見れるし。本気でよごれなこともやってくれるから好感持てるし。本気度がいい!!

「私の頭の中の消しゴム」。
「SAD MOVIE」のチョン・ウソンが出てて。佐藤はこの人好きです。女優さんはソン・イェジン。「ラブレター」の人ですな。役者の名前が覚えられないんだよ。そんなに難しくないのになかなか覚えられない。ソ・ジソプは覚えた。ってそんな話じゃなくて、「私の頭の中の消しゴム」。最高だったなあ。宮大工だってよ。大工さんが出て来るんだもんなあ。最高だよ。かっこいいし。俺もこういう芝居したい。したいじょーーー!!

最後に「僕の彼女を紹介します」。
ファンタジー過ぎたなあ。ラストシーンもそうしちゃいましたかあ、みたいな印象でね。でもさ。韓国人の俳優の強さが出ちゃうんだよなあ。映像的にもみやすいしね。シーンが面白くつながるんだよね。韓国の俳優さんの高いテンションが好きです。

で、本編とは関係ないんだけど、今回の収穫は、「私の頭の中の消しゴム」の特典映像でチョン・ウソンが語っていたこと。映画を一本撮るとなんとも言えない虚脱感があるんです、という話をしていて、そうかーーー!って思えたこと。

虚脱感とは多分、「架空」の人物の中に「自分」の心を使って生きている役者が、役の上で、本気で心を与えて、与えられてっていうことをしていると、芝居が終わったと同時にその「想い達」の受け皿がなくなってしまうという虚脱感なのではないのかと。

だから芝居をやればやるほど、身近なところに、自分の想いを受け止めてくれる人が欲しくなるんだなあって。「おかえり」って言ってくれる人ね。俺はここに帰ってくればいいんだあって思い出させてくれる場所。そんな場所があるから、いつでも舞台上は本気でいていいんだなあって思ったわけで。帰ってこられなくなっちゃう人いるしねえ。行きっぱなしで間違っちゃう人。そこだけは間違いたくないなあって、佐藤はいつも警戒してたりするし。チョン・ウソンがどういう意図で喋っているかは本当のところはもしかしたら分からないんだけど、勝手に答え合わせが出来ている感じが嬉しかったりします。役者は孤独だからね。

だからこそのプライベートなのですね。なるほどーー。

とにかく生きたい。作品の中で生身の人間でありたい。だから心を動かすことを止めたくない。苦しいなんていいじゃない。心が動いている証拠だよね。だから苦しくても自分に嘘をつかずに心を動かして生きていこう。そこにこそ本当があるんだと思う。昔成井さんに「お前はプライベートが楽しそうだから、舞台上は苦しめ!!」っていうダメ出しをされたことを思い出す。その時は全く分からなかった。でも、もしかしたらこういうこと?こんなことを意図して喋っていたのですかねえ。まさかねえ。そんな風には思えないけど。今ならこんな風に解釈しちゃうかもね。

素敵な作品に出会いたいなあ。
一番上に戻る

 
 
2007.05.01 (火)  恋愛小説。
ブックオフで何気なく手に取った本がある。作家さんの名前が面白いなあって思って手に取っただけなのに。中身も凄く面白かった。

永井するみ「天使などいない」(光文社文庫)

偏っていた人間観に、新しい風をくれました。偏っていたというのは変な話ですが、女の人の女性観というか、佐藤では到底想像できないけど、でも、もの凄く普通なのであろうの女子が登場してくるのです。これは衝撃的でした。佐藤の恋愛観も変わるのかもしれないなあって思える出会いだった。

最近自分が普通じゃないんだと思ってへこんでいたのですが、へこんでしまえ!!っていうくらい、何も知らなかったんだなあって思ってね。逆にすっきりしたというか。恋愛小説恐るべし!!

永井するみさん。ちょいと追いかけたくなったね。日々是勉強ですな。うんうん。
一番上に戻る

 
 

日々日記 by Small Ocean